"同作展開当初も本来は、マスメディアを大々的に活用してイベント上映をしていることなどを伝えたかったものの、採算を検討した結果、宣伝を極力ピンポイントで行う戦略を採らざるを得なかったとのことだ。
しかし、そのピンポイント戦略こそが全国ネットでのテレビ放送の話が起こった時に、収益性の高さから放送へのスポンサードを可能とならしめ、テレビ放送を実現に導いたのだという。
視聴者から「『2199』をもっと宣伝してほしい」などの声も寄せられるが、宣伝にコストを掛けるということは、掛けたコストの三倍の売り上げを最低でも作らないと、その宣伝コストは回収できない。コンテンツといえども費用回収を意識した事業判断をしていかないと作品が継続できなくなる事を強調した。"
- 京まふ2014 ビジネスセミナーで理解を深めるビジネスモデルとしての「宇宙戦艦ヤマト2199」 | アニメ!アニメ!
"「実はこれ、“ニート”という日本語に対してあまり良いイメージがないというところから、あえて“ネイト”としました。ニートがおうちで掃除してくれるというのは少し面白いとは思ったんですが……」"
- 【そこが知りたい家電の新技術】Logitech創業者がCEOを務めるロボット掃除機メーカー「neato robotics」とは ~「ルンバとは抜本的な違いがある」 - 家電 Watch
"『孤独のグルメ』は翻訳されて海外でも読まれているんですけれど、僕は「外国の人に高崎の焼まんじゅうの味なんか分かるのかよ」って思っていたんです。今思うとすごい偏見。10年ほど前にイタリア版の熱心な読者のイタリア人に、東京で会ったんです。そしたら「焼まんじゅうの味は分からない。でも美味しそうだからすごく食べてみたくなる」と言われて、なるほど!と。僕も小学生の時、白黒TVの西部劇でガンマンが場末の飲み屋で食べていたものが美味しそうだったんです。でも一緒に観ていた親に「あれ何食べてるの?」と聞いても、親も分からなかった。大人になってから、あれはチリコンカーン(※4)みたいなものだなって分かった。つまり、それが何か分からなくとも、人は食べてみたくなるんですね。人間誰しも腹が減るわけで、言葉とは関係なく絵で「美味しい」という感覚が伝わるんです。だから『孤独のグルメ』では、美味しそうに食べるシーンをきちっと見せることが大切だと思っています。"
- 『孤独のグルメ』久住昌之先生に直撃! - 電子書籍ストア BookLive! (via katoyuu)

(akibooから)

"

ウルトラマン(修正版)(1980)
[庵野秀明]総監督、出演
 
CM集の中の1本として作られた「じょうぶなタイヤ! SHADOタイヤ」と同時期に、「CMだけじゃなく番組もあった方が面白いから」と庵野が監督等をし、実習課題ではなく自主的に個人制作した短編実写作品。少ない仕送りをやりくりして作られ、爪楊枝入れのフタを使った自作のカラータイマーだけを着けた記号的なウルトラマンを庵野が演じている。これも庵野の特撮実写作品のもうひとつの出発点と言える。上映されるのは、後年、庵野の知らないところで他者により短く編集・改ざんされていた現存版に対し今回、庵野自ら修正を試みた別編集版。

自主制作映画「ウルトラマン」は、株式会社円谷プロダクションの同名作品の意匠を借りた作品であり、原作の著作権は同社が有しています。
"
- 第27回東京国際映画祭 | 「庵野秀明の世界」:アマチュア・庵野秀明 上映作品詳細